予防と合わせて、ヘアケアもしましょう

流さないトリートメントを使いましょう

シャンプー・トリートメントは毎日している方が多くいると思います。ではお風呂上りはどうしていますか?
そのまま乾かすだけではドライヤーからの熱ダメージを受け、更にパサパサしてしまうことにもつながります。お風呂でもトリートメントをしますが、上がって髪を乾かす前後にひと手間加えましょう。
それが流さないトリートメントです。
数年前から流行っていて今では多くのメーカーがそれぞれの種類で出しています。さて、そのトリートメントにも種類があり、オイルタイプ・ミルクタイプ・ミストタイプなどがあります。
それぞれのトリートメントの効果によってどのタイプが良いか変わってきますが、今回は紫外線ダメージをメインに考えて選びましょう。

トリートメントの種類

(1)オイルタイプ
油分の多い成分で作られているので髪の毛一本一本を保護してくれます。ドライヤーやアイロンなどの熱ダメージから守ってくれます。
(2)ミルクタイプ
油分と水分がバランス良く配合されており、浸透力に優れています。主に保湿や補修効果を発揮してくれます。
(3)ミストタイプ
水分量が多いので髪の毛への浸透が一番早く、補修力・保湿力に長けています。朝の出かける前のスタイリングに役立ちます。

紫外線によって表面のキューティクルがダメージを受けるためパサパサしてしまいます。大切なことは「失われた潤いを補う」ことなので、この場合はミストタイプやミルクタイプがおすすめです。
特にミストタイプは手を使う必要がないので汚れる心配もなく、コンパクトな物であればカバンに入れることで出先でも気軽に使うことができるのでオススメです。